消費者金融の返済の仕方

消費者金融を利用している人、またはこれから利用を考えている人は、借りる点よりも返済についての正しい知識を持っておくと、賢く利用ができるようになります。消費者金融なら簡単にお金を借りられますが、例えば10万円借りた時に、最終的にいくら返済で支払うかを即答できる人は少ないです。

 

消費者金融を利用する時に知っておきたい返済方法と返済の法則について理解しておきましょう。

 

消費者金融の返済負担

 

返済方法は主に2つ

消費者金融で借りたお金の返済方法は様々です。プロミスを例にとると、インターネットを通しての銀行振り込み、口座振替ができます。また、店頭でも返済が可能で、店頭窓口、プロミスATMでも返済できます。また、プロミスATM以外にも様々な提携ATMでも返済できます。

 

プロミスの場合、コンビニに設置されたメディア端末でも返済ができます。銀行から振込での返済も可能で、実に様々な返済方法があります。

 

ただし、様々な返済方法があるとしても、大きく分けると2種類に分類されます。それは自動引落としか振込みかの違いです。自動引落としの場合、決められた返済額が毎月口座から引き落としされます。

 

振込みでの返済は手数料に注意

店頭やATM、コンビニなどによる、振込での返済の場合、色々な方法で返済できるので時間がない人でも返済しやすいというメリットはあります。大手消費者金融の場合返済窓口が非常に多く、手軽に返済しやすい環境があります。

 

ただし振込方法によっては手数料がかかる場合があります。手間が同じであれば、ATM利用手数料や振込手数料がかからない返済方法を選んだ方が、無駄なお金がかかりません。

 

その消費者金融のATMを利用するのが一番確実ですが、大手消費者金融なら手数料無料で利用出来る提携ATMもあるので、どこで借入れや返済すれば手数料がかからないのかを調べておくとよいでしょう。

 

その点で銀行のカードローンであれば提携ATMでの利用手数料がかからないところもあるため、手数料負担を気にせずにカードが使えるようになっています。借りる際も返す際もコンビニなどの提携ATMでも利用手数料がいつでも無料となるため、必要なときに借入れ、返したいときに返済が行えるのです。

 

手数料が無料でありながら契約手続きも早くに進められるバンクイック即日融資でのカードローン利用は人気が高くなっているので、契約後のATM利用手数料を気にする方は消費者金融ではなく、バンクイックでの借入れを考えてみると良いでしょう。

 

自動引落としのみの返済にも注意が必要

一番確実で簡単な返済方法として、口座からの自動引落としでの返済があります。自分の口座を登録しておけば、毎月期日に返済額が自動で引落としされます。これならうっかり返済を忘れる心配もいりませんし、何より手間がかからなくて楽です。

 

自動引落としは一見理想的な返済方法に見えますが、消費者金融で借入れをする時には注意が必要です。キャッシングでは借入額に応じて返済額が決まっていますが、毎月の決まった返済額は、借入額に対してそれ程多くはありません。10万円の借入れなら3,000円~5,000円程度しか返済する必要はないので、自動引落としの場合、毎月それ程の金額は返済されません。

 

毎月の返済額が少ないのは一見楽に見えますが、実際はその逆です。借りたお金には利息が発生しますが、少額しか返済しなければその多くが利息に消えてしまうので、借入残高が中々減りません。結果として同じ金額を借りても、完済までにかかる利息は大きく膨らんでしまいます。

 

大手消費者金融のプロミスも金利は決して低くはないものの、毎月の返済金額自体は大きくはなっていません。借りる金額を少なくしておけば返済も少しずつで進められますが、それでは最終的な支払いの総額が大きく膨らんでしまうので、なるべく負担を抑えて返済を進めたい場合にはしっかりと返済に関する相談を行っておくと良いです。

 

プロミスであれば店舗での相談はもちろん、契約時に自動契約コーナーで手続きを進めるならオペレーターの話を聞きながらでも契約が行えるので、契約機の設置があるプロミス盛岡での手続きであればネットで審査を受けた後の契約機の利用を考えてみましょう。

 

振込での返済が重要

自動引落としのみでの返済では、毎月の返済額の負担は少なくて済みます。ただし借入残高が中々減らないので、完済まで時間がかかるというデメリットがあります。また、利息も長期間に渡って発生するので、支払総額は大きくなってしまい、損をしてしまいます。

 

自動引落としがいけないのではありませんが、自動引落としで返済するにしても、追加で振込み返済をするのが望ましいです。

 

振込返済をすれば借入残高が減るので、毎月かかる利息が減っていきます。完済までの期間も短くなり、同じ金額を借りても支払総額は少なくて済みます。また、借入残高の減りが早くなれば、お金のピンチに出くわした時でも、安心してまた借入れができるようになります。返済の負担が大きくはなっても、それ以上にメリットが大きいです。